garde logo
1st Quarter 2012
garde news
 

garde news hot topics

 

CA Technologies relocates to a new premises.
CAテクノロジー社

Project overview:
In view of last year's earthquake, CA Technologies resolved to relocate to newer and safer premises. Four months after the disaster, the company initiated a 1,000 tsubo (approximately 3,300 sqm) relocation project to move to two floors (8F and 9F) of the JA Kyosai building in Nagatacho by early December 2011. GARDE's design process included the challenging task of coordinating between the client's various offices in Sydney, Melbourne, the US and Japan.

The new office features a large client meeting area in neutral grays with color accents of green in accordance with CA Technologies' corporate identity. Vertical slats were used to partition off the casual lounge areas from the reception and open pantry areas. The back office includes very robust facilities for computer equipment and product-testing servers. There is a universal layout of workstations with strategically placed open pantries and informal lounge areas to give staff alternative plays to work and socialize. A free address desk system was implemented for the sales/marketing department that allows for a more efficient use of office space to accommodate a larger number of staff.

 

プロジェクト概要:
CAテクノロジーズ社は東日本大震災後、より耐震性能の高いオフィススペースへの移転を決断し、震災から約4カ月後、永田町に有るJA共済ビルの8F及び9F、およそ1000坪のスペースに、2011年12月を目標に事務所を移転するというリロケーションプロジェクトを開始しました。 ギャルドにとってはシドニー、メルボルン、米国及び日本にあるクライアントの各事業所との連携を図りながら設計を推進するという、複雑なタスクを含んだプロジェクトでした。

新規オフィスはニュートラルグレーを中心に、コーポレートアイデンティティーであるグリーンをアクセントに加えた配色で、広々としたクライアントミーティングエリアが大きな特徴です。 ラウンジエリアは縦格子を使い、周りにあるリセプションエリアやオープンパントリーエリアとゆるやかに仕切られており、IT機器および製品検査サーバーの設置を含むバックオフィスは特に強度を意識して設計しました。 執務ゾーンはユニバーサルなデスクレイアウトを基本に、スタッフ間のコミュニケーションや様々なワークスタイルが自然に生れるような効果を意識した位置に、オープンパントリーやカジュアルなラウンジエリアを配置しました。 営業部エリアではフリーアドレスデスクスシステムを採用し、より大人数のスタッフが快適かつ効率良く仕事ができるオフィス空間を実現しました。

 


A WORD FROM THE DESIGNER


 


Christopher Brooks
クリストファー・ブルックス

This project was very important in forging a new working relationship with Jones Lang LaSalle, the project managers, and sharing with them GARDE's design work. Countless hours were spent in the CA Technologies Shinjuku office for weekly conference calls with Australia and the US as this was the only way to ensure the implementation of the project in such a short timeframe. The most crucial issue we overcame was mediating between the different design and construction standards of Australia, the US and Japan, and subsequently ensuring the design was executed to the great satisfaction of the client.

 


このプロジェクトはプロジェクト・マネージャーを務めるジョーンズ・ラング・ラサール社に対し、オフィスデザイン分野におけるギャルドの能力を知ってもらい、新たな関係構築を図る上でも非常に重要な意味を持ったプロジェクトでした。 タイトなスケジュール内に完成させるため、長時間に渡る三カ国間での電話会議を、新宿のCAテクノロジー社の会議室から毎週行いました。また、オーストラリア、アメリカおよび日本における設計・施工基準の違いを調整するという最もクリティカルなポイントをクリアしながらも、クライアントが大変満足するデザインを提供する事が出来たと考えています。

 

Hot Topic

Veolia Water Japan K.K Relocation Project
ヴェオリア・ウォーター・ジャパン社

 

Project Overview: 
French company Veolia Water is a world leader in water services and water treatment. The company manages and operates a number of water utility companies in Japan and was very instrumental in the treatment of contaminated water during the Fukushima nuclear plant crisis. The project entailed the relocation of the Nishihara Environment Technology company (a recent merger) to the same building as the Veolia Water Japan headquarters. About 210 employees were transferred to the 1,980-sqm office facility. Industrial and water related images were studied to use as wall graphics to motivate and inspire the staff.

プロジェクト概要:
フランスのヴェオリア・ウォーター社は、上下水道サービス分野における世界的リーディングコーポレーションであり、日本でも多くの上下水道事業会社を管理・展開、福島第一原子力発電所事故における汚染水の処理においても非常に重要な役割を果しています。 このプロジェクトは、合併した株式会社西原環境テクノロジー社をヴェオリア・ウォーター・ジャパン社の本部オフィスと同じ建物へ移転をさせるもので、約210人の従業員が1,980uのオフィススペースに移転しました。 社員のモチベーション向上と新しい発想を促すため、水産業に関連するイメージを使用したグラフィクスウォールデザインを行いました。

 


A WORD FROM THE DESIGNER

 


Yoichiro Sato
佐藤洋一郎

Because this was a merger and acquisition project between a foreign and a Japanese company, the project schedule suffered from delays as the new company structure was being formed. With joint ventures between international and Japanese companies becoming more commonplace in today's market, it was a great learning experience.

 


For the design, we used simple colors and finishes to stay within the budget. We also suggested dynamic graphics on the wall and pillars in the office space to inspire and motivate the staff. It would be a pleasure to do more of such interesting office design projects in the future.


日系企業と外資系企業の合併・買収プロジェクトであったため、新組織の業務体制の形成に伴い、プロジェクトの進行にも影響がありました。今日の市場において比較的頻繁に見受けられるようになった日本企業と国際的企業の合弁事業に関わる事で、多くを学ぶ事が出来ました。

デザインではコストを意識したシンプルな色合いに仕上げ、社員のモチベーションの向上を促すためのダイナミックなグラフィックスを事務所スペースの壁や柱などに表現することに注力しました。

 

Hot Topic

PANDORA opens their first standalone flagship store in Motomachi, Kobe
パンドラが神戸元町に旗艦店をオープン。

 

Project Overview:
PANDORA, a popular jewelry brand from Denmark, opened their first standalone flagship store in Motomachi, Kobe, on December 2nd, 2011. The brand has over 10,000 shops around the world but this was their first standalone store. The building is located in the heart of Kobe's commercial district, a thriving shopping area which is home to numerous well-known department stores. The building consists of four floors: the first and second floors are shops, on the third floor is the VIP lounge, and the fourth floor houses their offices.

GARDE was responsible for the interior design of all four floors as well as the facade. We provided basic design, detailed drawings, project management, and process management and construction services. The new store concept was developed in close communication with client. The client was very pleased with how beautiful the facade - with original design by GARDE - turned out. With the opening of the new PANDORA store Motomachi now has a new iconic landmark.

プロジェクト概要:
デンマーク発のジュエリーブランドのパンドラが2011年12月2日に神戸元町に旗艦店をオープンしました。 今回オープンした神戸元町旗艦店は、世界で初となるビルタイプのショップです。 人通りが多い有名百貨店が隣接する繁華街に位置するこのパンドラ神戸元町店は、4階建てとなっており、1階と2階がショップ、3階がVIPラウンジ、そして4階がオフィスという構成になっています。 

ギャルドは外装と全フロアの基本デザイン、実施設計から、PM、進行管理、施工まで、一貫したサービスを提供しました。 インテリアデザインにおいてはクライアントとのコミュニケーションを密に取りながら、新バージョンの店舗デザインコンセプトを基に設計されました。 外装デザインはギャルドが基本デザインから手掛け、美しく洗礼されたファサードはデンマーク本社からも称賛を受け、パンドラ社の代表的な物件の一つと成りました。

 


A WORD FROM THE DESIGNER

 


Toru Yokomatsu
横松亨

The design process posed challenges since there were no drawings available of the existing building, and many decisions were on hold until the building was demolished. There was also not much time between the demolition and renovation.

 

 

 


Furthermore, since it was PANDORA's first standalone store, it was the first time that the brand needed to think about a facade. The approval process required coordination between both PANDORA headquarters in Denmark and PANDORA's Asia Pacific office in Hong Kong.

Despite the fact that we faced a number of obstacles along the way, such as the lack of drawings and it being the brand's first project requiring original facade design, the project was completed successfully and the client was very pleased with the results. I would like to extend my gratitude to the construction and production team for their great dedication from start to finish of this project.

この物件は、既存図面が無いに等しく、既存店を解体してみないと判明しない点が多々ある非常に厳しい与件の中の物件でした。 また、退去から改装完工の時期が非常に短かったため、緊張した時間が続きました。 

さらに本国も含め、ビル外装の意匠の前例が無く、本社(デンマーク)とアジア管轄パンドラ・アジア・パシフィック(香港)のダブル・アプローバルが必要でした。 所謂、壊してみないと判明しない建物での、世界初の意匠構築、という難関では有りましたが、施工・製作スタッフの大いなる献身的な協力を得ながら、並みならぬ評価を頂いた事に感謝しています。

Please visit GARDE at Booth No.1 at the
3rd China Commercial Real Estate Trade Fair & Mall China
Shopping Center Brand Retail Channel Summit
April 14-15, 2012
www.mallchina.net

 

2/F, Grand Ballroom I & Grand Ballroom Foyer
Grand Hyatt Hotel Shenzhen
No.1881 Bao'an South Road, Luohu District,
Shenzhen 518001, China
Tel: +86 755 82661234

4月14日〜15日 
ギャルドは、中国シンセン市で行われる「3rd チャイナ・コマーシャル・
リアルエステート・トレードフェア&モールチャイナ展示会」に参加致します。
弊社ブースに是非お立ち寄りください。

 

www.garde-intl.com